--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
06.29

超地味更新

Category: ひとりごと
Gallery-02のP-diaryを更新しました。(わかりにくい…

今ある絵を保存しとこうかと。


昔の絵を見るとなんか、ある意味新鮮だな。



スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2008
06.25

偶然?必然?

Category: 仕事
日曜日はライブ。
すごいテンション。
空間が震えるってのはこういうことだな。音量じゃなくて。
本当に気持ちの良いライブだった。

一昨日はちょっと早上がりして山賀さんに教わった居酒屋に寄り道。
どういうわけか、お店のバイト君もバンドやってる。
バンドやってると聞いて喋らない訳にはいかない!
安定した職をやめて音楽で生きて行く選択をしたんだそうだ。
ボクも同じようにサラリーマンを経由してアニメーターになり、動画時代は続けられるかどうかの不安でいっぱいだった。
いろんな人に助けられて今があるんだけど、そんな訳で色々話し込んでしまった。
ちょっと先輩面したりして(笑)
大変だと思うけどがんばってほしいな。
理想と現実。無数の悩みと選択日々。
そんな毎日を送ってる人が近くに確実に居る。んで初対面で喋ったりする。
些細かもしれんけど大切な出会いだな。


そういう出会いに答える一つの形。「作品」をボクはつくれるだろうか。



偶然を必然にしなきゃ。






Comment:0  Trackback:0
2008
06.20

「ぃよっ」再掲

Category: ひとりごと
 ぃよっ





ミスって消してしまった絵板の絵です。
せっかく褒めてもらったのにコメントもろとも…。
ucoさんごめんね。

あっちで書こうとしたコメントは


イベントで頂いた白い花がかわいかったから。


ふぅ。
再開してからはタイトル通り絵日記の要素が増えたから、マジで消えないようにしなきゃ。
戻ったら出てきたので即行保存して何とかなった。





ひまわりは散ってしまったけど他のはまだ元気です。
この場でこんなタイミングでなんですが、ありがとう!!

(追記)
電脳コイルはもちろんだけどボクみたいな一(いち)アニメスタッフにファンが居てくれるのはうれしいし励みなります。
お花くれた方(後で思ったんですが、ご挨拶だけでもすればよかったですね。ごめんなさい)、会場に来てくれたみなさん、重ねてありがとうございました!

全力でやれば応援してくれるファンがついてくれる、という得難い実体験をさせていただきましたよ。

グレンラガンもね。

さぁ、次だ。




Comment:5  Trackback:0
2008
06.15

「『電脳コイル』ナイト」

Category: ひとりごと
「『電脳コイル』ナイト」のイベントに行ってきました。

出演は(スタッフ関係)
磯監督
井上俊之さん
野村さん
ヒラマツ

特別ゲストに杉井ギサブロー監督(「銀河鉄道の夜」など)



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2008
06.13

サイクリング

Category: ひとりごと
しばらく天気が良さそうですね。

また相模湖辺りまでのんびり走ってこようかな?
しかし、だんだんじわりと忙しくなって参りました~~。

そんな時こそ行動!



Comment:0  Trackback:0
2008
06.12

コイルな夜

Category: ひとりごと
ロフトプラスワン「『電脳コイル』ナイト」が近づいてきましたー。

脇役だけど緊張するなぁ。
見直して予習しなくちゃ!



Comment:0  Trackback:0
2008
06.11

今日は夜から下北沢

Category: ひとりごと
BABY STARのライブを聴きにモザイクへ。

ボクは彼らのライブを聴いて元気をもらっているんです。
彼らから見たら「なんで?」て思うかもしれないね。
ライブの空気を勉強しに行ってます。
誰一人止まってないことを、ギターではなく人が中心になって音楽を奏でているということを。
体感するために君たちの音を聴いているんです。
弾ける瞬間に立ち会いたくて。
どうしたら、そんな気持ちを絵に出来るのか、探るために。

映像表現において、正確さなんてどうでも良いのかもしれない。
指があってるか?
ストロークと音があってるか?

そんなことじゃない。

もっと大事なことがあるはずだ。




Comment:0  Trackback:0
2008
06.09

コッツウォルズ

Category: 仕事
告知しておけば良かったんだけど、土曜日だったかな?
NHK総合「びっくり法律旅行社」でイギリスをやってた。

コッツウォルズ地方も紹介されてました。
羊がもそもそ歩く緩い丘陵地がなつかしい。

この間の取材旅行で立ち寄ったJuriさんのお店も 一瞬 紹介されました。
テレビで見るとなんか変な感じだね。同じ場所と思えない。

「ラストフレンズ」で見覚えのある場所が出て来てもやっぱり変な感じ。
吉祥寺に見えなかったり。


まとまりなし(笑)



Comment:0  Trackback:0
2008
06.04

個人的な夜へ

Category: 音楽
会社で仕事を終え、表参道FABの
air codeツヨシ&ヒロタカがトリをとるライブへ。

アコースティックギター2本。
いつものバンド形態ではない素に近い姿を見る。

終了後飲んでてこういう形とバンドとは何が違うのか問えば、絵描きとしても
「あ、そういうことか」と腑に落ちるポイントがあるのがおもしろい。
単純に比較できないけど、サイトやお絵掲で描くのと色んな人と一緒に作る仕事の違い?
言葉と実行の違いみたいな。
自分の言葉を忘れないようにボクは落書きやサイトの絵を描きます。
一枚絵のイラストは一番自分の言葉に近いかも。
でも、みんなで作品を作る面白さにはやっぱりかなわない。

縛りも責任もなく作れる環境とその反対の環境。
どっちが相応しいとも言えないけど
良いプレッシャーの中で作られるモノには換えがたい喜びがあるよね、ていうこと。
色んな人の思惑が絡み合って出来るモノ。
そこには個人の作業ではなし得ない強さがある。んじゃないか?
だからオレはバンドをやり。
だからオレはアニメをやってる。

一方で、自分の言葉で勝負してる人もいる!

聴く人観る人の反応がどうなのか?
それ以前にどれだけ好きか。大好きか。

大事なのは、「何か」を発する力なのか。
…何を?それはどうして?…
理屈はどうでも良いじゃないか。
初めて感じた気持ちを大事にしたい。


今日は若い人の色んな気持ちを聞く日だった。
とても個人的でおもしろい夜だった。

「何か」を形にするために、構えて留まってないで一歩でも進みたい。







Comment:0  Trackback:0
2008
06.02

つながり

Category: ひとりごと
人のつながりで一番強いのは。

やっぱり血のつながりなのかな?

理屈じゃないからね。
親と子、子と親は何がどうなろうと一番近くて強いつながりだよね。

世の中には、だからこそ起こってしまう悲劇もあるけど
やっぱり愛すべき家族ってのは良いものなんです。

そうなんです。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。