--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
08.23

50年代つながり

Category: 音楽
ストコフスキのCDを3枚購入。
3枚とも1950年代前半のスタジオ録音とライブを集めたもの。

020_convert_20080823114820.jpg
ビゼー:交響曲 ハ長調、「アルルの女」組曲第1&2
ドビュッシー:「子供の領分」(カプレ編曲)
 ヒズ・シンフォニーオーケストラ(彼の交響楽団)


コローの絵を使用したジャケットがかわいいので大きめに(笑)

「ヒズ・シンフォニーオーケストラ」というのは2種類あって、ニューヨークフィルの
主要メンバーをメインにしたものと、ロスフィルのメインのオケがある。
要するにアメリカの西と東で2つあった、てことだね。
どちらも同じ名前なんだけどメンバーが違うので当然音も異なります。
他にイギリスでのナショナルフィルがストコフスキの重要なレパートリーを録音しており、この'52年から25年後のビゼー「交響曲」が最後の録音になりました。

演奏はエネルギッシュでスカッとした印象。
どちらも後年の録音の方が味があって良いかな?
特にナショナルフィルとの「アルルの女」は超名演だからね。


8249194020537.jpg
ヨーロッパライブ集
ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」
ファリャ:「恋は魔術師」(オケのみバージョン)
ブラームス:交響曲第2番
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

チャイコフスキー:交響曲第5番
ムソルグスキー:「ホヴァンシチナ」第4幕への音楽
 シュトゥットガルト放送交響楽団

やっぱりライブは良い!
特にベルリオーズは流石の暴れっぷり。
猛烈な快速さとテンポ・ルバート(テンポの伸縮)の連続で目が回るようだ。
前半の流麗なメロディーのかけあいは後年のナショナルフィル盤の方がチャーミングだが
コーダのデフォルメっぷりを聴かせられると「参った!」としか言いようが無い。
頭上をジェット機がぶっ飛んでくようなインパクトと呆然とする感覚。。。

ブラームスも良い。
生き生きしててうねるような音の連続が心地よいねー。
コンセルトヘボウの音色がすばらしい。

こんな演奏を名門オーケストラにやらせてしまうとこがたまらん。
コンセルトヘボウのテクニックと音楽家魂にも脱帽じゃ。


242.jpg
チャイコフスキー:幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」、幻想序曲「ハムレット」

かつてDELL ARTEレーベルから出ていたものの本家による正規盤。
EVERESTの優秀録音が復活だ。
リマスターもされており音質が素晴らしく良い。
音場が広がって各楽器の音も聴き取りやすくなってる。


この2曲はチャイコフスキーの中では比較的マイナーな作品。
チャイコの曲はどれもほの暗さが魅力だけど、この2作の暗さはちょっと違う。
「フランチェスカ」の執拗な3連符とキッパリとした急・緩・急の構成の病的さ。
「ハムレット」の悲劇性と疲労感。
どっちも気軽に聴ける音楽ではないけど、時々ふと聴きたくなるものだ。

今回の3枚も大当たりでありました。



で、実はもう一枚EVERESTのを買ったんだけどね。
バルビローリ指揮ハレ管弦楽団のラヴェル集。
「ボレロ」「ダフニスとクロエ」「ラ・ヴァルス」など
…申し訳ない。全部聴けなかった。

ストコフスキのと同年代なはずなのにモノラルみたいな音質で精彩に欠けるし
ハレ管弦楽団はあんまり上手くないんだけどこのレコードのは酷い。
ソロもアンサンブルもパッとしなくて聴き続けるのがしんどかった。
うーーん。こういうのもあるんだね。
同じ組み合わせのシベリウスが素晴らしいだけに残念。



トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/101-53b17796
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。