--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
09.07

ドリルは進むために生まれ

Category: ひとりごと
「グレンラガン 紅蓮篇」6日から公開開始されました。
我が(?)吉祥寺でもバウスシアターでかなりの行列ができたとのこと。
嬉しいですね。

「ちょっとだけよ」で参加して終わる頃にはヘトヘトのボロボロになっていた。
テレビシリーズの頃から変わらず、劇場でも少ないながらおいしいシーンをつまみ食い。
しかしやっぱり終わった頃には「何故だ!」ていうヘトヘトぶりで、先が見えない楽しい時間を過ごさせていただきました。
「トボトボ歩きから走り」までをシームレスに描く、という普通ではあまり要求されない
お題をいただきましてエンディングでも酸欠感を味わいつつの作業。
これも近年に無い楽しい仕事になりました。
40代半ばで、作画で、アドレナリンが出る体験はなかなか無いと思われますから、グレン団の末席にいられて良かったな、と。
末席だからこそ目立たなくちゃな、と。

そんななつかしくも新鮮な感覚で仕事ができた「グレンラガン」に。
観てくれているみなさんに感謝です。

「グレンラガン」はまだまだ『つづく』



トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/104-950862df
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。