--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
11.23

ストコフスキの演奏

Category: 音楽
前の日記で出た リスト:ハンガリー狂詩曲第2番。



チャイコフスキー:「くるみ割り人形」から行進曲、こんぺいとうの踊り、ロシアの踊り



越天楽(編曲:近衛秀麿)



「オーケストラの少女」からラストシークエンス
映っている楽員は役者だが音の方はフィラデルフィア管弦楽団。

父が率いる失業楽士オーケストラのスポンサーをつかまえるため、ストコフスキに演奏してもらおうと奔走する少女パトリシア。
その熱意に押されついに一夜限りの演奏会を開くことになる…。

36年にフィラデルフィアを去った後、名門オケをめざすもなかなか職にありつけない若者を募って楽団を組織したり、デビューしたばかりのソリスト(パールマン、アシュケナージ、前橋など)と積極的に共演した。
ストコフスキとしても映画のプロットに賛同するところがあったんだろう。




トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/113-bc736aac
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。