--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
06.12

HMVと…。

Category: 仕事
HMVのフリーペーパー表紙を描きました。
小松田君の綾波に続く第2弾です。

店頭に出るのは20日くらいかな?


さて
そろそろ新しい仕事が動きそうです。
資料集めとかしないと。
これは早速来月からお目見えです。

準備中のものやらなんやら今年は本当に先が見えないな。


破が終わってようやく気分が切り替わって来た感じ。
通販でポチってた品々がそれを待ってたかのように届いた。
ずっと欲しかったヨン・バウエルとカール・ラーションの画集。
DVDBook「つばめを動かす人たち」。
090611_1514~01


ラーションの絵、その線が特に好きです。
こんな柔らかくてキッチリした線が弾けたらなぁと見る度うっとりします。

大きいの↓

larsson01.jpg
larsson02.jpg

イイでしょ。

「つばめを動かす人たち」
記録映画です。
音楽:伊福部昭
効用音楽のあり方というものが記録映画だとはっきりします。
EF58の発進シーンなど往年の怪獣映画で慣れてしまうとアレですが、巨大な機械に対する畏怖とそれを動かす人たちへの尊敬。
そんな眼差しがこちらにも伝わってきます。
ちなみにこのシーンのモチーフは後に「vsメカゴジラ」のテーマとして蘇ります。
メカゴジラ=巨大な機械 という訳ですね。
意図がはっきりしています。



トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/152-785e95d7
トラックバック
コメント
カールラーション、僕も大好きです!
上のは持ってるけど下の絵は知らないです。
画集、ちょっと調べてみようかな。
彼は自分の家と家族をモチーフにしてるんですよね。
北欧っぽい色のセンスもいいですよね。
赤と水色とか。
オサムdot 2009.06.14 21:43 | 編集
そう。
思いがけないとこに赤が映えてて好きです。
気が付けばラーションぽい室内レイアウトとってるかも(笑)
ヒラマツdot 2009.06.15 00:09 | 編集
ご無沙汰してます。

私もつい先日、ラーションの我が家(新宿の紀伊国屋で)と、昔に日本でやった展覧会の図録を中古で買いましたw
ラーションの水彩ってペン画に着色だったんですね。
水彩筆やら画用紙やらを買い込んだので、お手本としてラーションを選んだのですが、ペンが入っているとは小さいサイズしか観てなかったので気付きませんでした。
私は鉛筆が好きなんで、鉛筆でも負けない線を模索中です。

ロックウェル、ホッパー、ラーション・・・
どうもレイアウトで見せる絵描きが好きみたいです。
N.Adot 2009.06.15 21:31 | 編集
*N.A.さん
わーー。ご無沙汰してます。
元気ですか?
(とぐちさんも元気かな?)


室内といえば前に観たハンマースホイも素晴らしかった。
あれも室内レイアウト好きにはたまらん画家だと思う。
ヒラマツdot 2009.06.15 23:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。