--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
06.29

「エヴァンゲリオン:破」公開中

Category: 仕事
初日行こうと思ってたのに行けず。
なんでか忙しい今日この頃です。

「序」では主にヴァージョンアップといった様相でしたけど「破」はそれに留まりません。
同タイトルの作品を作り直す、最もリスクの高いやり方をやっている気がします。
それでもサービスを忘れないのが作り手側の最大唯一の良心・心意気なのかな、と。

今回も原画という末席ですが、参加出来て良かったです。
ボクも近いうちに観に行こう!



トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/160-a162185c
トラックバック
コメント
ヒラマツさん、こんにちは。
『破』拝見させて頂きました。
見終わった後、何ともいえない色んな感情が入り混じった不思議な気持ちになりました。
同時に今まで映画を見て味わったことのないほどの疲労感も覚えました。
こういう体験が出来る映像は滅多にないと思います。
素晴らしかったです。
また見に行こうと思います。
本当にお疲れ様でした。

まーちゃんdot 2009.06.30 07:54 | 編集
平松様、はじめまして
エヴァ破見ました
何か俺すげえものを見てしまった・・・


それにしても平松さんの絵はいいな~としみじみ思います
HMVの冊子も欲しいですけど、もうどこにもない・・・
ろんdot 2009.07.01 22:37 | 編集
はじめまして、ヒラマツさん。
先日、「破」観てきました。ただただこのクオリティの日本のアニメを劇場で見ることができて、何か奇跡のような気がしました。ジブリ宮崎駿ブランド以外で、有名人も一切出ていない、しかも決して万人向けとは言えないようなTVアニメ発のロボットものが、しかし凡百の邦画・洋画を遥かに凌駕する面白さ。日本もまだ捨てたもんじゃないですね。
今作がこれからの日本の劇場用アニメの歴史に少なくない影響を残すのは間違いないと思います。そしてそれを支えるヒラマツさんのご活躍を、「エヴァ」に限らず期待しています。
51光年のトラdot 2009.07.01 23:47 | 編集
混雑の中ようやく破見ました!
いやもうなんか・・・自分の陳腐な語彙力では凄いとしか言いようがないです。
作画的には、メカはCG交じりなのもあって、
恐らく平松さんであろうと思った箇所は(無論良い意味で)目立っていたと思います。
しかし本当に描く女の子可愛いですね、一応絵描きとして嫉妬してしまう位に理想的です(笑)

ところで、今をときめく山本寛氏の小説の挿し絵を平松さんが手掛けると
聞いて驚いたんですが、どういう経緯で決まったんでしょうか?
ぽぽdot 2009.07.04 16:59 | 編集
たくさんのコメント・拍手ありがとうございます。

作りたいモノとお客さんが見たいモノは必ずしも一致しませんが、ズレから生じる化学反応が良い方向に作用してくれるのが一番うれしいかもしれません。

庵野さんの基本原理には自分たちがアニメに熱狂したあの時を今のお客さんにも味わってもらいたい、というのがあると思う。
そのための旧エヴァであり、時を経て作る新エヴァなんでしょう。

まだやってます。観て下さい。
観ていない方ももう観た方々も。

*ぽぽさん
挿絵は編集長が山本さんのイメージを聞いて選んで下さったそうです。
ヒラマツdot 2009.07.06 15:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。