--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
12.25

ケーキと第九

Category: 音楽
061225_1948~0001.jpg


昨日今日と「クリスマスだから」ケーキを二つも頂きました。
奥に見えるクッキーは手作り。サクサクでおいしい。
ボクのいる仕事部屋は女性が多いので(ていうか男ボクだけ…)こういう時ラッキーでごさいます。



今日は久しぶりにお店でCDを購入。
ネットだと気軽にまとめてポチッとしてしまうけど店頭で3枚一気に買うのは勇気が要る。
けど、どの道買うんだし「クリスマスだから」Wポイントでお得だしね。

・ベートーヴェン:交響曲第7、8番
 スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン放送響

・ベートーヴェン:交響曲第9番
 オスモ・ヴァンスカ/ミネソタ管弦楽団

・ピアノ小品集:シベリウス、ドビュッシー、ラヴェル、 J.S.バッハ、エルガーetc.
 田部京子(pf)
 
まずヴァンスカのベートーヴェンのみ聴きました。これは当り!

過去の大指揮者が培ってきた伝統に真っ向から立ち向かう…訳ではない。
「昔風じゃなく」とか「今風に」ではない。そういう相対的な態度は微塵もなく
無心に楽譜を読んで、今やれる一回限りの表現を目指そうとしてる。たぶん。
演奏家の観念を過度に託そうとしたりロマンティックな大仰さ、もったいぶりは皆無。
慣例・慣れ・安全運転な無難さとも無縁。
楽譜というモノに徹底的に向き合ったが故の、演奏家の個性か?。
時々現代音楽みたいに聴こえるところがあってニヤニヤしてしまうな。
もっとも、作曲当時は「現代音楽」だったんだけど。

この演奏では、1楽章冒頭に出る弦楽器の上から下に下がる「タターー」という音の形が
今まで頭で分かってた以上に、感じた以上に執拗にこれでもかとホントにしつこく繰り返されていることに驚いた。
これまで何を聴いてたんだろう?と。
初めて聴いたような驚きを感じさせてくれる演奏はイイ。
この下降音形が何を意味するのか?
(「タタン」と鋭くきざむリズムはキリストがむち打たれる様を表現してるそうだが…)
今は分かんなくて良いや。
何かが曲全体に染みついているとわかれば十分。
これから「第九」を聴く楽しみが増えたということでOK。

トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/18-ec3c1a8e
トラックバック
ミネソタ管弦楽団ミネソタ管弦楽団(Minnesota Orchestra)セントポール室内管弦楽団と並んで、ミネアポリスを拠点とするアメリカ合衆国のオーケストラ。1903年にミネアポリス交響楽団(Minneapolis Symphony Orchestra)として設立され、同年11月5日に最初の演奏
ミネソタ管弦楽団について dot クラッシックの世界dot 2007.02.08 23:19
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。