--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
09.18

パーテルノストロのブルックナー(その2

Category: 音楽
仕事が一区切りついてパーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルッテンベルク・フィルのブルックナー交響曲全集を再び聴き始めました。

まずは3番。その後4番を続けて聴いた。


第3番
ワーグナーへの尊敬を表した交響曲。
故に「ワーグナー」というサブタイトルがつく場合がある。
第1稿ではワーグナーの楽劇からの引用が何カ所かあったが後の改訂で削除された。
引用が削除されたノヴァーク第3稿ではサブタイが当てはまらないけどたまに付いてるものがある。

ボクは第2稿エーザー版が好きだ。
田舎臭くてゴツゴツしたブルックナー。
ノヴァークによる第3稿はシェプアップされ過ぎてる感じがするのと、よく指摘されるように晩年のタッチが混入してて違和感があるからあまり好まない。

パーテルノストロの演奏はその第3稿によっている。
演奏はやはり荒削りで所々ハラハラさせられるけどもなかなかイイ。
これは時々聴きたくなる演奏だと思う。
上手なオケからは聞こえない思いがけない響きにハッとさせられるし、特に第2楽章がイイね。
弦の表現が感じ入ってて心地よい。


第4番「ロマンティック」
ブルックナーの交響曲では最もポピュラーでファーストチョイスに良いとされてる。
メロディーのひとつひとつが馴染み易くて適度に派手で取っ付きやすいからだろう。
日本では「ロマンティック」というサブタイが人気の要因でもある。
どうでもいいと思うんだが…。

ボクは最初この曲が苦手で、その所為でブルックナー自体にハマるのが遅れた。
同じ形のメロディーを執拗に繰り返す意味が分からんかった。
後にこれが味なのだと分かって来たのはシベリウスを好きなってからだと思う。
ブルックナー好きとシベリウス好きはかぶるらしいというのも後で知った。
最初にフィナーレが好きになり、地味でとばしたりしてた(おいおい…)第2楽章は今では聴く度に好きなるから不思議だ。

パーテルノストロは基本ノヴァーク版だと思うけどフィナーレのシンバルがない。
良い判断だと思う。

そして、いままで聴いたこのコンビの演奏で最上だと思う。
金管も安定しており、木管楽器のソロもニュアンスがあってイイ。
弦もメリハリがはっきりしてて素晴らしいではないか!
他のもこのくらいやって欲しかったぞ。
第1楽章からして推進力に満ちていてグイグイ聴かせ、しつこい繰り返しは全く気にならない。
第2楽章はしみじみ。終盤はスケールの大きい盛り上がり。
4番は通常アダージョが置かれる位置にそれよりややテンポの速いアンダンテが配置されていて、そのせいかゆったりとした充実度に欠けると良く言われるんだけどこの演奏では非常にたっぷりとした音が響いている。
1、4楽章とのバランスも良いと思う。
第3楽章はゴツゴツしてて良いね。トリオのホルンがイマイチ吹けてないけど、まぁご愛嬌か。
フィナーレ。ここまで聴いて期待した通り、素晴らしい出来だなー。
教会の長い残響も相まってとても雰囲気のある、所謂血の通った演奏。

両曲ともティンパニーがものを言ってるのが印象的だった。
3番、4番だけでお釣りが出るくらい良いと思う。
激安だけどね。


残るは5、8、9。
真打ち登場ってとこか。

期待して良いんかな~~?(笑)


トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/191-6b8ecb4f
トラックバック
コメント
私は3番は良かったが4番にイマイチの印象があったが・・・。
オケが鳴ってなかったと言う印象だった。
最近、プレーヤーの電源ケーブルを新調(中古だが)してオーディオをグレードアップしたので聴き直すとまた違った良さが分かるかも知れないな。
ビロdot 2009.09.19 00:43 | 編集
*ビロん
たぶんホルンが鳴ってないからそういう印象になるんだと思うよ。
どの曲もホルンが非力なんだけど、4番は冒頭からしてホルンだし各所でホルンが重要な位置を占めている。
イマイチなとこあるけどね、全体的に見てかなり良かった、と。
ヒラマツdot 2009.09.19 08:53 | 編集
最近、バイロイト全集やらショスタコ全集等を買い込み過ぎて聴いてないレコードがたくさん出来てしまった。

気を取り直してもう一度ロマンティックを聴いてみるかな。
ビロdot 2009.09.19 14:12 | 編集
しかもヘヴィー級揃いだ(笑)
ヒラマツdot 2009.09.19 14:23 | 編集
関係ないけどこれはおもしろそうだ。
ていうか、おもしろいのはわかってるけど平林復刻のクナ。
「ウィーンの休日」
http://www.hmv.co.jp/news/article/909140115/
ヒラマツdot 2009.09.19 14:28 | 編集
聴き直しました。
確かにオーディオのセッティングや電源ケーブルの変更で情報が増え、教会らしいライヴな雰囲気が伝わってきます。
余り深刻ではないですが明るい演奏ですね。
結構楽しめましたよ。
続けて聴いた7番は、前に平松さんが書かれていたようにオケがイマイチなのがハッキリしてしまい一寸厳しいようです。
ビロdot 2009.09.20 14:56 | 編集
電柱から引っ張るケーブルに手を染めたら最後だね(笑)

しばらく聴きに行ってないのでどんな風になってるか楽しみです。
CD持ってくんでまた聴かせて下さいよ。

こう言ったら誤解あるかも知れないけど、アマオケ的だね。
情熱を感じられるかが勝負。
時に技術を越えるからね。
ヒラマツdot 2009.09.21 00:16 | 編集
家は隣が変電所だからね(笑)
直接引っ張ってくるかね。

また寄ってください。
オーディオはやっと一段落って所です。
お待ちしております。
ビロdot 2009.09.21 19:19 | 編集
すばらしい環境だ(笑)
ヒラマツdot 2009.09.22 15:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。