--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11.03

新しいiMac

Category: ひとりごと
仕事用にNew iMacを導入しました。

取り急ぎな感じで前のデーターをそのまま乗っけたのでいろいろと確認がてらフォトショデータやiTunesのデータを見たり、最近買ったCDを入れてみたりしてニューマシンの手触りを馴染ませておりました。
今んとこ映像などは少ないんだけどね。映像編集などの仕事があれば自分のマシンでやってみたいな、と。

んで
「アインザッツ」の資料にと買ったバーンスタインのCDから「キャンディード」の入ってるのを入れて聴いてたらカップリングの「シンフォニック・ダンス」で聴き入ってしまった。
何度聴いたか分からない大好きな曲なんだけどね。
ミュージカル「ウェストサイドストーリー」の音楽を20分くらいに圧縮した組曲「シンフォニック・ダンス」
これも本当に良い曲なので聴いて欲しい。
ミュージカルや映画を知らなくても楽しめる曲だと思う。

この曲で以前から気になってたのが、全編に流れてる二つの音。
(最後の場面では)ド#レ#~~となる音。
これが最初の場面から最後まで様々なメロディにことごとく着いて回る。
クラシックの用語で言う固定観念として現れてる。
何故だろうと思ってたんだけど、よくよく考えればこの劇は「ロミオとジュリエット」の現代版。
対立する二つの勢力に翻弄される若い男女の悲劇、なわけだ。

ド#とレ#は鍵盤上では孤立した二つの黒鍵だ。
隣り合ってるけど間に白鍵がひとつはさまってる。
近くて遠い存在。

そんな音と音の関係を登場人物の置かれたそれに当てはめているのかも?
と思ったら面白くなってしまった(笑)

最後のシーンではこの二つの音に低音のファとファ#の音が同時に鳴る。
半音違いの不協和音だ。
これがまことに美しい。

「ロミオとジュリエット」では家柄。
「ウェストサイドストーリー」で対抗する二つの不良グループは人種という壁で争っていた。
壁を壊して一つになれる世界を願うのがこの作品のテーマだ。


音楽は音楽の語法でそれを表現してるのかも知れない。


…追記

中間部の静かなメロディも二つの音の一方を1オクターブ上げただけで隣り合う音じゃないかな?
やはりこの組曲の骨にあたるのは二つの音なんだ。
そこから全てが広がって、収束する構成になってる。
おもしろいなぁ。




トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/204-7243b03e
トラックバック
コメント
シンフォニック・ダンス、自分もすごく好きです!
M.T.トーマス指揮でサンフランシスコ交響楽団の演奏を動画で見たのですが、曲全体のドラマが本当に素晴らしかったです。
ただただ見入り聴き入りでして。
残念ながらウエストサイドストーリ自体は見たことないんですけど…。

ヒラマツ氏の曲に対する見解はすごいです。
自分はただ曲を聴いてるだけで、曲の構成を掴んだり意思を読んだりはできないので…。
より研究していかねばなりませんね(笑)
Ayumudot 2009.11.06 19:24 | 編集
*Ayumuさん
コメントありがとう。

最近MTTのガーシュウィンやマーラーを聴いていて株が上昇中です。
バーンスタインの録音やDVDがあれば観て聴きたいです。

見解(?)はあくまで推測です。
楽曲解説をなぞるだけではおもしろくないので、たまにこういう妄想をして楽しんでます。

なんといっても音を聴くのが楽しみですが。
こういうロジカルっぽい楽しみ方も有りかな?と(笑)
ヒラマツdot 2009.11.08 04:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。