--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
12.15

「決めない」を決める

Category: 政治・社会
「やらない」をやる。
「考えない」を考える。
早い話が立ち往生ってことだろうか。

朝日新聞
普天間移設先「5月までに決定」 政府方針、米に伝達へ

読売新聞
普天間移設先選定、来年に先送り…政府方針

時事通信
普天間移設先、3党で検討=「5月期限」に社民反発

読み比べると「5ヶ月先に移転先を決める」のもあやしいな。
こうなると当分あるいは無期限に今のままということになるけどそれでいいんだろうか?



在日米軍さんには、明日明後日とかが無理ならちょっとずつ帰ってもらいましょう。
集中してる沖縄の、中でも危険な普天間をまずどこかに移しつつ減らしてもらおう。

アメリカの軍再編事業と日本の負担軽減のバランスを考え15年かけて合意したのが辺野古案だった。
二国間のことだけじゃなく、アジアの軍事バランスや中東情勢も踏まえて。。

辺野古案にも環境問題など当時から問題視されてたけど住民の負担軽減と日米安保など鑑みれば「やむを得ない」合意だったんだと思う。
ベターとも言えないが普天間に居続けられるよりは…。という。


この先、移転先を決めないまま負担軽減策を交渉するんだそうだけど、具体性のない話に納得するとは思えないな。
仮に5ヶ月先までに決めると言ったとしても連立相手の社民党は反対するわけでしょう。
進まないだろうな。
普天間の固定化は進むだろうけど。

それから辺野古関連の予算は変えずに計上するらしいけど、先行きを決めず効果も見込めないものに税金を使って良いのだろうか?
事業仕分けでは同様の理由で廃止、削減が求められた。
これは良いの?


ぶっちゃけキレイに全部帰ってもらえばイイじゃん。と思う。

鳩山首相も岡田外相も「対等な日米関係」を主張して、沖縄の現状は対等ではないと言ってる。
日本は最小限の自衛隊で専守防衛、集団的自衛権はあるが行使できない。
アメリカは日本が(在日米軍基地が、という解釈もある)攻撃、またはそれが予想される事態になればこれを守る行動にでる。
そのために日本は土地を提供し生活面などの負担をしている。地位協定もある。
守ってもらう代わりに負担を負い米軍に優位性を与えている、という訳だ。
日本は自分で自分を守れないから守ってもらう代わりに負担を負っている。
守ってくれてる相手に強いことは言えないよね。
確かに対等ではない。
「対等」という表現自体が違うのでは?
そう言うことで国民の自尊心を煽ってる気がする。

均衡? カタカナ語ならバランス?
持ちつ持たれつってことなら成立してるんじゃないかな。


守ってもらいながら「出てってください」というのは通らない。
それを言うなら、まず自分で自分を守れるように法改正やらなんやらやって
それで初めて、もう守ってくれなくて結構。帰ってください。と言えるんじゃないかな。
それをせずに負担軽減ばかり言うのは対等でもなければ均衡もとれてない。と思う。


帰ってもらうにはまず日本がどうしたいかを決めなきゃならないはず。

自主防衛について。

おそらく
それを考えたくないから、決めたくないから。
いや、出来ないから
引っ掻き回し、結局は合意以前の形に戻そうとしてるんじゃなかろうか。



言葉だけ聞いてても何もわからないのが鳩山政権の特徴。
起こってることと乖離し過ぎてて信用できないのだ。

(全部が、とは言わないけどね)

そう考えるのは思い違いだろうか?



トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/213-44ef0de2
トラックバック
コメント
こんばんわ

エヴァのカレンダーですが、マリがムネムネに見えました(笑)
アベノ橋はやっぱりいいですね


沖縄問題はどうでしょうか・・
どうなるかわからない問題を、初めから解決する!と宣言してしまった以上、期待した人間の側からすると、いつまでもはっきりしないのは裏切りとしか捉えられませんよね。

私は憲法の問題も含めて、日本はやはり自衛するだけの力や技術力が普通にありますから、武装する機会も考えてよいのではないかと、考えております。強気にならずにどうするか、このまま取り残されていいのか、と危惧せざるを得ません。

戦時下を生き延びて、戦後の日本の発展に尽くしてくださった方々には申し訳ないとは思いますが、
過去のやり方のまま、未来永劫平和が続くかといえばそうではないのが現実だと思います。

今すべきことはズバッとやって、それが良かったかどうかは未来の人間が判断するしかないのですから
あまり縮こまって欲しくないですね。
とろんdot 2009.12.17 02:15 | 編集
これどうぞw
http://www.youtube.com/watch?v=5R-YabcBXic
考えさせられました。。

>とろんさん、よこらスミマセン。
・・・残念ながら日本が核を持つのもいたしかたないのかな?
そう思って来ました。
持っていないためにかなりトンでもない目にあってると思う、日本は。
ヤギヌマdot 2009.12.17 21:39 | 編集
個人的にも、沖縄の在日米軍にはさっさと出て行ってもらい
たいとは思います。

このような主張をすると、日本には自国を防衛する手段が
ないから、それは厳しいという意見も出てきそうですが。

とはいえ、自国も満足に守れないような自衛隊、憲法は
終戦直後のアメリカ軍によって作られたようなもんです。
ですので、あらかじめ自国を守れないように日本を骨抜き
にしてその後で守ってやると弱みにつけこむ。

どーにかならんもんでしょうか・・・
コマ送りdot 2009.12.18 20:57 | 編集
*とろんさん
米国が駐留したお陰で日本は経済復興、高度成長に集中できたわけです。
米国占領政策の成功例として日本は優等生だった。
米国との関係が安泰であれば欧州も安心していられたんでしょう。
中国や北朝鮮は米国と交渉すれば事足りる訳で日本を相手にしなくて済みます。

夫々の事情はあれど対日では米国の存在の方が大きかった。

日本が独自に普通の国レベルの防衛をするようになるとこのバランスが崩れるので、拙速に「自分の国は自分で守る!」と出来ないのが辛いとこです。
国連の敵国条項も完全になくなってないようですしね。

国防も含めて独立するには国民の意識から変わっていかないと無理だと思います。
ここだけはまだ「チェンジ」を良しとしてないようですね。


*ヤギヌマさん
まずは議論なんでしょうけど「議論すら許さん」という人が今の与党に多い現状、あり得ないでしょうね。
日本の場合、核保有議論だけでも抑止効果があるんですが。

沖縄の歴史って朝鮮半島とダブルとこありますね。
現在に都合の良い「悪い面」だけをクローズアップしようとする勢力がある。
惠さんのような人の意見が知られていけば国防に関しての考え方も変わっていくかもしれません。

何が対等なのか、と。


*コマ送りさん
日本は戦争で負けましたからね。
「次は勝つぞ」というのは怖い考えで、社会党系の人がよく言う「戦争する国になるつもりか?」というのはそういう心理を警戒してるんでしょうね。

ただ、守ることに関して言えば
裸でも手のひらを固く握れば武器になります。
足も頭も口も武力に変わります。
恋人を優しく愛でる手も自分や恋人守るために固く握り危険を退ける武器になる。
何も持っていなくても人間と言う動物は「怒らしたらヤバイ」っていう抑止力を持ってて、無意識にそれを理解し合っています。
故にコミニケーションをとる。
他の生き物の違って道具を使い広い社会生活を営むが故にコミュニケーション能力も発展させてきました。
抑止力も強化してきた。
コミュニケーションの究極が戦争ですね。
「表へ出ろ」状態。
戦争は喧嘩じゃないからちゃんとルールがあります。

そこまでの可能性を考えるのがいわゆる普通の国だと思うんです。
お互いそうならないように約束は守ろうな、と。

鳩山政権は十数年かけて構築した約束を反故にしようとしてる。
これこそ「戦争をする国」に近づいてるんじゃないか?と危惧します。
自分の論理を最優先してコミュニケーションを怠れば喧嘩になるでしょ?


「議論すら許さない」状況が外交音痴を醸成してしまったんじゃないでしょうか?

正常に戻すには「俺に手を出させるな」てな事を考えて言わずに済む状況を作らないとね。

そういう意味で現状の日米関係は対等だし、対等じゃない。


まとまりなしですみません。
ヒラマツdot 2009.12.20 16:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。