--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
03.10

眠い~

Category: 仕事
久しぶりの作監はとっても楽しいけど、とっても大変!
しかし言い訳できないのでガンバルしかないのだ。

映画も音楽もココ数日何を観聴きしたのかわからんくらいいろいろ流しながら仕事してる。
先日届いたカンブルランのブルックナーは聴くには聴いたけどイマイチ集中できてなくて…。
印象としてはエッジの効いたブルックナー。
いわゆるブルックナー的じゃない演奏だな。好みはパッカリ別れるだろう。
ボクは嫌いじゃない。
しっかり聴けてないせいかテンポの速さ、締めくくりのあっさり感が気持ちに乗っかって来ない。
ちょっとリハーサルが足らない感じもする。

もうちょっと時間をかけて聴いてみよう。

ギーレンのストラヴィンスキー、三楽章の交響曲、交響詩編など…。
三楽章の交響曲はサロネンので馴染んでたもんで、どうしてももっさりして聞こえてしまうなー。
ギーレンも年をとった、てことかいな。
交響詩編は始めて聴いた曲だけど、これは伊福部昭が如何にストラヴィンスキーに心酔してたか確かめられる曲だね。
メカゴジラのテーマかな? そっくり(笑)ホントに。
あー、びっくりした。

ギーレンなりのおもしろポイントがあるはずなんで、これもしっかり聴きたいな。

随分前に買ったDVDだけど、クーベリックが来日して演奏したスメタナの「我が祖国」
これイイね。
ほのぼの始まってだんだん緊迫感が増していき戦闘的な状況に至る、てのが今の自分とシンクロしてて乗れた。

たぶんチャイコフスキーの「1812」とかシベリウスの「フィンランディア」なんかもイケルだろう。
今月末にはベルリオーズの「幻想交響曲」みたいにラリッてるんじゃなかろうか…。

なんちゃって。




トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/240-1b747d1b
トラックバック
コメント
クリュイタンス/パリ音楽院、東京ライヴの幻想がラリった演奏の最右翼かと思っていたが、今度出たミュンシュ/パリ管のライヴはもっとラリっていた(笑)

ブルックナーといえば最近ムラヴィンスキー盤を聴き直して見た。
7番だ。
それにしてもあの金管の音、何とかならないだろうか?
無論録音のせいだと思う。

しかし録音の悪さを頭の中で補正して聴けばこれはこれで結構好きだな。
これもエッジの効いた演奏だ。
不思議と聞き惚れてしまう。
ビロdot 2010.03.11 20:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。