--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
09.05

新首相:野田佳彦

Category: 政治・社会
党代表選の演説は考えぬかれた立派なものだったと思う。

ただ、何を軸として考えぬかれたのか、という疑問は組閣で深まることになりました。


第一に「党内融和」を図った、と言われる組閣だけども、菅内閣でのゴタゴタが信頼を損ねたことの反省だとすれば批判にはあたらないと思う。
ただ、組まれた内閣が菅内閣の空白を取り戻せる強力なものか?と見れば…心もとない。
菅さんから見れば野田首相は「若い世代」に違いないけど全体を見渡すとどうもフレッシュとは言い難い。
党の人事だが幹事長に輿石東氏というのが一番びっくりした。
と、何故この人が?という人事が目立つからだけど、経済相の安住氏は野田首相本人が経済で主導権を握りたい思惑が見えるし、5人目の法務相平岡氏も適任だろうか?就任前から「悩ましい問題」として死刑執行を決断できないと表明する人物が適任とは思えない。
法務大臣が法律を守らないと明言している訳ですよ。
司法も一般から選ばれた裁判員も悩んだ上で死刑判決を出しているのだから決断できない理由にならない。
なにか野田氏の都合や党内力学が強く作用してるように見えてしまう。
というか、そういう人材しかいないの?と思わされる。
軸は国民のためでなく党のため側にあるのでは?

2年前の政権交代前に野田首相が出した本に「民主の敵」というのがあるそうだ。
読んではいないけど、ここにはむしろ自民党に近い考え方が述べられている、と。
憲法問題、外交で保守色の強い政治家ということらしい。
そして巻頭では「途中で首相が変わる時は国民に信を問うべき」と野党時代の民主党が繰り返してきた文言が踊る。これだけとっても実現できると思えない。
憲法、外交も民主党の中ではとても通らない考え方に違いない。

野田氏個人を見れば人柄、思慮深さなど信頼の置けそうな首相と見ることができるけど日本は議会制民主主義の国なので、与党内で首相の主張はかき消されてしまう可能性が高いのではなかろうか。

民主党には政策を練磨する仕組みがないと言われる。
菅政権でのルール無用、どこへ落ちたかもわからないロケット花火的な政策・発言を思い出せば明らか。
党内で議論できないので当然のように野党とも協議できない。
結果、閣内・与党内はおろか国会全体が首相の思いつきに振り回され、特に震災後は混乱が続いた。
その反省は見えるものの、民主党の構造的問題の前に折角「話ができそう」と思われる野田首相も
力を発揮できるどうか怪しいと言わざるを得ません。

ブログで繰り返しているのは個別の議員の人間性・能力・資質よりも、民主党という組織の問題です。
個別の提案に国民の賛同が集まったとしても実現できない問題を抱えているのです。
政治政党としての欠陥が政権をとって顕になったものの、野党時代から一貫しています。
民主党の最大目標は「反・脱自民」であって政権をとった今、政治を行う組織的な力を失ってしまった
と言わざるを得ず、誰が首相になっても期待は空振りになる危険性が高い。

発足直後の支持率は期待率と考えて良いと思いますが。
はてさて、野田氏でもダメとなればいよいよ解散総選挙となりますね。


あと気になるのは東北の被災地復旧・復興と原発被害をどうするか。
原発事業の今後については代表選で触れなかった。
就任後の発言で「減・原発」路線を続ける旨の言葉があった。
しかし、これまで推進を続けてきた自民党が原発推進を反省し「減」へ路線変更した政策と変わらない。
これは批判じゃなく、そうなるともう自民党で良いじゃないか。と。
すぐに止められない現実があるので少しでも実行力ある政治に期待するのがベターです。
自民党には良かれ悪しかれ、政策を実現する組織力があり東北など地方とのパイプも太い。
推進してたこと、企業との繋がりなどの批判があるから国民の目線も厳しく責任を自覚せざるを得ない。
他に自民党を批判するとしたら
被災地復興政策をまとめたのは結局自民党だったことなど野党に居ながら政権担当能力を発揮してしまい野党らしさを損ねている点だろうか。
…この点で大連立には反対なのです、現与党に能力がないので野党不在の一党支配になるか、民主党内のゴタゴタが連立与党内に波及してさらに混乱を深めかねないからです…

衆参のねじれに加えて、能力的な与野党のねじれも起きている。


解散総選挙でこのダブルねじれを解消していただきたい。
二大政党内の政治理念をよりハッキリさせるため、政界再編・大改造が起これば更に良いと考えます。



ところで、野田新政権は台風12号の被害にどう対応してるんだろう?
「人命救助と行方不明者の救出に全力を尽くす」と述べた旨ニュースでみたけど具体的な指示は?

野田さん頼みますよ。



コメント
現実はこの世の内容であり、理想はあの世 (非現実) の内容である。あの世のことは、この世にはない。
非現実 (理想) と現実は、異次元である。
建て前と本音は、全部この世の内容である。つまり、同次元である。

建て前と本音をあやつると、現実の中を泳ぎまわることができる。
理想と現実の間は、そうはゆかない。
だから、現実向きの妥協案を考える必要がある。
自由に空を飛ぶことができないならば、飛行機を利用するようなものである。

理想に向かった現実対応策を考えだすことは、建て前に本音を使って対抗することとは違っている。
多数が参加する前者の努力は建設的であり、後者の励みは迷走的である。
現実の話か、非現実の話かをはっきりと区別して、人に話しかけることが大切で゛ある。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
nogadot 2011.09.05 14:49 | 編集
とても有意な記事の紹介、ありがとうございます。

とても長い記事ですが後者には具体例も引用されており理解しやすいと思います。

天皇と共にある(あった)歴史は2600年以上あって、万世一系であり代が替わっても同じ。
「永遠の今(今ある姿)」文化がそうやって根付いいてきた。
「君が代」はまさにそういった国の形を見事に表現した日本に相応しい国歌だと思います。
これは海の防壁に守られた島国だったからこその文化形成だと考えられます。
欧米諸国は次々と支配者が交代し異民族の支配・被支配を繰り返した歴史がりますね。
そうやって「時制(あるべき姿)」文化が作られていきた、と。
どんなことにも正負があって、欧米の文化は常に闘争と共にあり、今もそれが続いていますので、必ずしも「正」として前提にすることはできません。

戦後の約70年間は「永遠の今」文化を検証すること無く形だけの「時制」文化を取り入れた結果ではなかろうか?と。
長い歴史で作られた日本の文化と日本人の考え方はこの地にある以上根本から変えることはできない。必要なのは、時制世界と付き合うために自分たちの思考法がどうなのか考えて自覚することだろうと思います。
と考えるのも日本的思考なのだと思いますが、戦後の日本はこのことを疎かにし、まさに序列思考で欧米に倣い空気・気分で省みること考えることをタブー視してきたのだと。
その結果が、政治に代表されるどうにもならなさだと思います。
民主、自民に限らず延々続いてきたと理解できます。。

野田総理の演説はよく考えられたものでしたが、党内融和とはご紹介の記事で言えば「序列思考」そのものですね。
徹底した議論より雰囲気を優先する。

目的・方法・根拠・達成期日…を以てなされる政治が求められます。

(常に)選挙に備え、その時の気持ちの良い言葉、空気に乗せようとする政治家を見極め、将来のために何が必要か内容を語る政治家を選ぶ、その為の努力が必要だと考えます。
ヒラマツdot 2011.09.06 11:04 | 編集
>どんなことにも正負があって、欧米の文化は常に闘争と共にあり、今もそれが続いていますので、必ずしも「正」として前提にすることはできません。

どんな文化にも可能性は潜むので欧米文化が闘争(戦争)を歴史的にこれからもやり続けると断じることは出来ませんが、一方から見た考え方を正しいとしてことを構えるとやはり究極的には戦いが起こります。
違うのなら何がどう違うか考えて理解すること。でしょうか。



意味がズレたので訂正して補筆しておきます。
ヒラマツdot 2011.09.06 11:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。