--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
08.21

「絵描き」

Category: ひとりごと
仕事は何を?
と訊かれるとたいていは「アニメーターです」と答えますが心情としては「絵描きです」と答えたい。
実際そう答えるときもある。
演出もやるし監督の機会はいつでも狙っているので「絵描きで演出家です」というのが一番正確。

演出というのは集団作業なので作風はその時のチームによっても様々。
対して絵描きの部分は個人的色合いが強くなる。
アニメーターよりもイラストであればさらに強まります。

最近、雑誌のお仕事が定期的にありまして。「アインザッツ」「あにみゅ」最近では「ロケ地巡りガイド」のJAXAコラボとか。(どれも学研さんですが(^_^))
さらに来月には不思議な組み合わせのコラボも出ます。
(ラジオでちらっと話題になったようですが詳細はまだ控えておきますね。)

様々な媒体で仕事をしていると自分の作風がその都度ジャマに思えてきます。
アニメーターとしては、自分自身の個性は二の次で…というか参加した作品性に馴染んだ上で最大効果を出すのがボクの個性だと考えて仕事をしてきたのですが、それでもどうやら「作風」らしきものがあるらしく、描きたい対象のベターな姿と自分の手クセのようなものがマッチしない。
何かを壊せばもっとピッタリ来るはずなのに!と思うことがしばしばです。
合わせようとしてしまうクセが良くないのか? もっとバカにならないといかんなぁ とかね。

今、ちょうどそんな時期にありましてモヤモヤしてるんだけどね。
こういう時期は大事です。
いろんなモノを吸収して活力にしないといけません。
新しいスケッチブックも買ったことだし、既成概念に囚われずに鉛筆を走らせたい。
…居酒屋で飲み仲間をスケッチする時間が最近ないのが残念だ(笑)

時々ご質問頂く「画集」ですが常に頭に置いてます。
無い話では無さそうです。
華々しいタイプではないのでささやかな感じで出せたらイイな、と。







コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。