--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.17

安倍晋三元首相を応援しています。

自民党総裁選が始まりました。
候補者は(届け出順に)
・安倍晋三
・石破茂
・町村信孝
・石原伸晃
・林芳正
です。

ボクは安倍晋三議員を応援しています。

なぜならば

戦後レジームからの脱却、拉致問題の解決
河野談話・村山談話を是正する「談話」
憲法改正(まずは96条の改正要件の緩和)
東北震災復興、力強い社会保障
消費税を上げる前のデフレ脱却
日銀と政策協調(アコード)を締結
インフレ目標2〜3%
防災減災、将来、未来のための公共投資
成長による財政健全化。

という政策を他候補より明確に示しているから。
デフレ脱却を阻害している日銀総裁の総理大臣より強い権限と立場を是正する、日銀法の改正にも言及してました。コレは大きいです。この点に言及しているのは安倍さんだけじゃなかったかと。
社会保障や国土強靱化の財源に景気回復による税収増を掲げている。
給付ありき、苦し紛れの増税ではないしっかりとした根拠を提示してる点は最大の信頼感になっています。
そして、日本を元気に、成長できる自信を取り戻そう!という言葉は、自身が総理の職を病気で退場せざるを得なかったこと、特効薬の認可で発症後一番体調が良いことなど自信回復を日本に重ねているようです。
景気の悪化で職に就けない方、病気などで辞めざるを得なかった方、まだ頑張れる元気な高齢者の方、失敗で挫折をしたが起死回生をと努力している方、前向きな方、元気になりたい方…
安心できる社会保障を必要としている方…
挫折を経験した安倍さんだからこそ、全ての国民のために考え抜かれた政策だと理解できます。
以前からの国民国家に立脚した姿勢に加えて震災、デフレ深刻化の現状を(ボクが言うのも失礼だけど)勉強しまっくていると考えられます。

イメージでなく、人柄だけでなく、政策が支持できるから 応援できるのです。


自民党の総裁選なので他の候補も異口同音なところが多いですが、対談やフリートークのような番組でも安倍さんは政策の具体論を必ず述べています。
他の方はイメージ的だったり具体論がボケていたりして不安があります。
つまり重鎮議員やチーム編成によってブレが大きくなることが予想されます。
安倍さんに集まっている支援議員(麻生太郎、新藤義孝、西田昌司、稲田朋美、下村博文など)はその点ブレがないことも理由として大きいです。
また、安倍さんなら敗れた候補も協力を惜しまない(温度差は出るだろうけど)と思えます。
党総裁(首相)一人でなんでも出来るわけではなく、上下関係、閣僚になるチームが大事ですから中心になるのが安倍さんであれば自然と目標のために適切な方法が取られることが期待できるのです。
ややべた褒めの点をバランスとれば、安倍さんには打たれ弱い印象がつきまといますのでそれを払拭するためにも強靭なチームが求められるわけですね。


「日本維新」との連携が取り沙汰されていますが、ご本人は憲法改正と教育問題で協力できる点がありそう、と述べるに留めています。
マスコミの話題性第一の報道で歪められる恐れがありますが連立などは考えていないと思われますので一安心です。
「日本維新」は人も主張もゴチャ混ぜで党や政策の体をなしていません。「第2の民主党」が出来るだけですからそんなところと組んではいけません。

原発については将来的な脱原発、あるいは原発に頼らない供給体制を作る。と現実的な提言をしています。
即時脱原発を訴える人からすれば甘い、そうは言っても推進するんだろうと勘ぐる人もいるかも知れませんが、安全保障上、経済的影響を最小化するため、外国との連携で孤立しないため、今すぐ止めることは現実的ではありません。
むしろ、安倍さん(や同様の主張をする識者)のような意見に着実な脱原発を実現させる信頼性があると思います。


以上のような政策を掲げる安倍さんは、マスコミや民主党、財務省(など…日本が元気なって欲しくない、外国の圧力に勝って欲しくない、日本が独立したら困る…様々なイデオロギー集団)にとって邪魔な存在だというのは安倍首相時代の攻撃振りを見ればわかると思います。
早速、朝日新聞は批判しているようです。
こうした日本を敗戦国のままにしておきたい、ひたすら現状維持が賢いと思ってる方々から守る必要があります。
ボクのような素人が一般人が小さくとも声を上げる必要があると考えます。

自民党総裁選は次の選挙で政権を奪還すれば総理大臣になる人を選ぶ選挙です。

次の総理大臣に安倍晋三再登板を実現するため、日本復活のために、応援します。



コメント
お疲れ様です。
私も安部さんを応援しております!!安部さんは総理の際泣いたりして少し打たれ弱いイメージはありますが政策も具体的ですし何より挫折を知ってる
から強い思いというのもあると思います。本当にマスコミや財務省には腹が立ちますが一人一人が声をあげて日本を支えていきましょう!!
かおる。dot 2012.09.17 18:10 | 編集
*かおるさん
しばらくブログコメントがほとんどない時期があってチェックを怠っておりました。
大変失礼しました!

安倍さんの再登板は来るべくして来たと今では腹の底からやっと日本が変われる、否、本来の姿に戻れると感じています。
第二次安倍政権を強固なものにするべく支えていきましょう。
そして日本復活を!
ヒラマツdot 2012.10.13 02:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。