--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.29

安倍晋三 自民党総裁

Category: 政治・社会
石破さんが地方票で過半数を取れず、2位の安倍さんと決選投票。
安倍さんが逆転して総裁就任となりました。

まずはおめでとうございます。

しかし、問題はこれからです。
新執行部も発表されました。
これが安倍さんが演説で主張していた各政策を実現できる布陣なのかはまだわかりません。

逆転勝利の裏に何があったのか?
憲政史家 倉山満さんは、結局は石原伸晃氏がオウンゴールの連発で勝手に負けただけであって安倍さんはさほど勝ってはいないと危惧しています。
自滅した石原氏を捨て「石破なら、まぁ良い」と考える議員がかなりいた。
さらに「安倍だけは嫌だ」と考える「敗戦国日本」を守りたい議員たちが今後どう安倍さんに関わるか?
政策実現への道は険しく、とても諸手を上げて喜べる状況ではないということです。

そして早速マスコミの安倍バッシングが始まりました。
手始めは「カツカレー」と「お友達内閣」だそうです。
誠にバカバカしい話です。
いまだに使い古された抽象論、印象論で揶揄することしかできないマスコミ。
もはや蔑みの(笑)しか出て来ません。
なぜ政策に批判なり注文できないのでしょう。
一番の突っ込みどころはデフレ脱却の方策で日銀法改正に言及したところでは?
TPPはどうでしょう。
本来なら安倍総裁就任に万雷の拍手を送るはずの産経新聞すらバカバカしい揶揄の尻馬に乗っている始末。

おそらく、安倍総裁の再来はかつて叩きまくった自分たちにどんな報復があるのかと戦々恐々な恐れを抱かせているのでしょう。

経済政策にはイマイチ暗く、親米派の石破さんの方が守旧派(朝日、読売など)や産経も嬉しかったということなんでしょうね。

これはマスコミだけでなく自民党内にもあるんだろうと思う。
最初の試練はそのような戦後レジームからの脱却を恐れる守旧派との戦いでしょう。
野党党首でありながら就任早々バッシングを受けるにはそれなりの理由があることを知らなくてはいけません。


病気で退陣したことや再登板に疑問を呈する方がいるようです。
潰瘍性大腸炎という政府指定の難病を世間に知らしめ、今はアサコールという特効薬があり苦しんでいる人も私(安倍さん)のように再チャレンジできるのだ、と訴えている。
図らずもスクープされた「カツカレー騒動」は、ボクでも体調がすぐれない時は食べられないそれを平らげるほどに回復していたことを証明した訳です。
難病に苦しむ方々の希望になることでしょう。
どうしてそれを批判できるんでしょうか?

再登板は挫折を乗り越え名誉挽回したいすべての方々の期待を集めるでしょう。
一度失敗した人は一生認めてはいけないダメ人間なんですか?

違いますよね。

「お友達内閣」が実現した教育基本法、国民投票法、社保庁解体、海洋法や宇宙開発の法案など具体的に批判してますか?

してないですよね。

マスコミは、もはや自ら抽象論で定着させた悪イメージにすがるしか無い哀れな状況です。


さりとて
景気回復、日本の真の独立。
安倍晋三の両肩にかかった期待と責任は6年前の比ではないでしょう。
前回、小泉政権での構造改革路線を修正しきれなかったのは確かです。
その反省が今回主張しているデフレ脱却政策に生かされるのであれば応援したい。

今後どうやって初志貫徹するか?
まだ勝ってはいない。そのことを胸に頑張って頂きたい。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。