--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
10.16

「サヨク度」テスト(笑)

Category: ひとりごと
憲政史家の倉山満氏のブログ「倉山満の砦」から。

『あなたのサヨク度チェック』

一、 天皇・皇室キライ。なんであいつらいるの?
二、 君が代なんて歌えない。(日の丸は侵略の象徴だからヤ。)
三、 戦争はこの世で最も悲惨な出来事です。(最悪はアジア太平洋戦争。)
四、 外国と仲良くすることは良いことです。(東京裁判の結果を真摯に受け止めましょう。)
五、 軍隊がない社会って理想だよね。(自衛隊って憲法違反でしょ。無くさないと。)
六、 核廃絶は人類の義務です。(核武装など論外)
七、 日本は中国に悪いこととしたんだから、仲良くしたげようよ。(南京etc)
八、 日本は北朝鮮に悪いこととしたんだから、仲良くしたげようよ。(強制連行etc)
九、 宗教って格好悪い。(首相が八月十五日に靖国神社を参拝するって何考えてんの?)
十、 民主主義っていい言葉だよなあ(戦後民主主義教育マンセー。)
十一、人権っていい言葉だよなあ(日本国憲法は未来永劫守りましょう。)
十二、アメリカ、好きだよ。(でも原爆はちょっと~。)
十三、外国人参政権認めないのって差別じゃないの?
十四、移民を受け容れOK!(グローバル化だから共生の社会をつくりましょう。)
十五、震災復興のためには消費税増税もやむなし。(反対している奴は人でなし。)

Facebookで倉山塾生の方が紹介してた倉山さんが21歳の頃「考えなしサヨクだった」
話に乗っかってみる。

さて、ボクの答え。

六、がサンカクで他は全部バツ

21歳の時なら9個はマルがついただろうね。
「戦争」は最も悲惨で、民主主義や人権は「いい」って確実に「なんとなく」思ってた。

遊び感覚で、それぞれに理由を。

一、「天皇・皇室キライ」好きと言うのとは違うけど、尊敬、畏敬の気持ちは間違い無くある。
独裁者でもないし、東京裁判を根拠にした「南京大虐殺」や、「『従軍』慰安婦」を主導した極悪人、などというのは妄言。バツです。

ニ、「君が代歌えない」歌える。高校吹奏楽部で伴奏を奏するのが何気に好きだった。バツです。

三、「戦争はこの世で最も悲惨」法に則った「戦争」よりも、全てをひっくり返す革命の方が悲惨。フランス革命を知ると近代戦争より余程恐ろしいと分かる。現代なら戦争にならないで行われる先の見えない紛争の方がよほど悲惨でしょう。バツです。

四、「外国とは仲良く」「仲良くする」必要はないですね。個人レベルの話じゃないので、国民大多数の幸福を実現するのに良い「外国との交流」が必要。交易交流に仲の良し悪しは不可欠要素ではないし、この順番を誤ると国益を損ないます。バツです。

五、「軍隊がない社会が良い」手足を切り落とし口も塞いで人が人であるわけがない。自分も他の誰も守れませんし個人、独立国の否定。個人レベルならそれでもやっていけるでしょうが、国家レベルでは無理です。バツです。

六、「核兵器廃絶」最強の兵器がなくなれば軍事バランスが崩れ新たな戦いを呼び起こし悲惨な状態になるでしょう。核兵器は大規模戦争を防いでいます。廃絶にはバツ。先進国になった日本がこれを持っていないことも軍事バランス上問題がある、という見方があるのを知っています。しかし、すなわち「日本も核武装を」とは言えない、感情論の自覚あり。サンカクです。

七、「中国に悪いことした」まず「中国」、とは戦争したことないですよね。’30年代にまだ中国はありませんでした。満州民族を独立させて満州国を承認しソ連を、英仏などが入り乱れる内戦状態の大陸地域に毛沢東共産勢力の拡大を防いでいた(結果は共産勢力の勝ちだったけど)。政治体制も国民性も違いすぎるので仲良くするのは難しい。「南京大虐殺」はウソ。バツです。

八、「北朝鮮に悪いことした」日韓併合時代に日本が作ったインフラや当時の権力者をかつての欧米流で抹殺しなかったのが悪かったですか?日本人を拉致して人質にして金や食料をせびる北朝鮮と仲良く出来るわけはなし。バツです。

九、「宗教って格好悪い」「人間って恰好悪い」と同意の言いがかりw(ああ、そうか突き詰めていくと人間こそ地球にとっての悪とか言い出すのはそれか〜)バツです。

十、「民主主義っていい言葉」絶対正義ではない。フランス革命の頃生まれた民主主義は殺戮を正当化する概念だった。第一次世界大戦で文化の異なる多国が「敵」を設定してまとまるため「正当な言葉」「いい言葉」として変化したもの。戦勝国が敗戦国を一方的に断罪する時に都合よく使われる言葉。それが民主主義。いつどんな時でも正しいもの、正当性の必要十分条件として民主主義を掲げてはいけない。戦後民主主義を良いと認めるならジェノサイドを良いと言うようなもの。バツです。

十一、「人権っていい言葉」「人権」なにそれうまいの?(めんどくさくなってきた)人権は人権を脅かす。自由と同じ。無制限ではありえないのでなんとなく「いい」とは言えない。バツです。

十ニ、「アメリカ」好きなとこもある、けどよくよく考えるとそれほどないw バツです。

十三、「外国人参政権を」日本と日本人が第一で外国人には二番目優しく。外国人の利益が一番になる危険性のあるこれはバツです。

十四、「移民受け入れ」グローバル化?それってどんな侵略容認? バツです。

十五、「消費税増税」デフレ下での増税は税収増にならず国民経済は瀕死になる。GDPが減り続け消費税率が5%のままなら実質増税され続けている、さらに増税しますか? 国民をさらに貧乏にし自殺者を増やす増税論者こそ人でなし。まずはデフレ脱却と経済成長!そのための日銀法改正! デフレ下の増税はバツです。



倉山さんのことだから(?)どれかが引っかけ問題かと思ってしまったけど(笑)

追記
言葉の定義を曖昧に捉えていないか?
歴史的事実に基づかない印象論に囚われていないか?
というのが引っかけですね。つまり全部引っかけ問題といえばそうなる(^_^;)




コメント
わたしは○5個でした。オルグ・・・じゃなかった努力が足りませんね。
Sodot 2012.10.17 01:36 | 編集
*Soさん
コメントありがとうございます。

設問の考え方によっては多少答えが違ってくるとは思います(^_^;)
全体として軸足をどこに置くか?
という問いかけが強いように思います。
ヒラマツdot 2012.10.21 07:04 | 編集
初めまして。私も右寄りの見解を持つ者です。
設問は上から順に××▲▲×▲▲××▲▲▲×▲▲です。
ですが、それでも平松さんの見解には幾つか異論があります。
三 法を蔑ろにした戦争もあります。
(原爆投下や東京大空襲は民間人の無差別虐殺です。)
四、仲の悪さが交流に悪影響を及ぼします。
外国の不当な行為に迎合しない限りでは仲良くすべきかと。
七、南京虐殺否定論は、歴史学者なら右派でも殆ど支持していないはず。「大」虐殺と言えるかは議論が分かれていますが。
日本にも事情があったとはいえ、悪い事をしてないと言い切るのは…
八、良い事をしたから弾圧など悪い事をしなかったという事にはなりません。無論仲良くはできませんが。
十、戦後民主主義の肯定がなぜジェノサイド肯定に?
現在の日本で「本来の意味での」革命を起こそうとしてるのは絶滅寸前の過激派ぐらいでは。
十四、移民受け入れには慎重であるべきですが、「侵略」とまで言うのはまともな移民まで蔑むものです。

いわゆる「サヨク」的な概念に潜む偽善・欺瞞に疑いはあってしかるべきだと思いますが、行き過ぎていささか乱暴な主張になってしまっているように思います。
donadot 2012.10.22 18:58 | 編集
*donaさん
コメントありがとうございます。

言い訳じみてしまいますが、倉山さんがブログで書いたの15の設問を遊び感覚と受け取った上で、ぼくも「遊び感覚で、それぞれに理由を。」としました。
なのであえて極論的に書きました。
倉山さんの設問は遊びとはいえ言葉の定義をどこまで真摯に考えられるか?その上で正確に要約できるか?のテストなのだと思いました。
ボクの理由(答え)はその意味では不備があったのだと思います。

donaさんが、ボクが書いた理由を丁寧に考えて下さり疑問を持たれたほとんどは、仰る通りと思えます。

一番説明不足なのはこれですね。
>戦後民主主義の肯定がなぜジェノサイド肯定に?
戦前の歴史を無視し、日本全土への空襲、広島長崎への原爆投下を経ても尚、彼らの価値観(日本国憲法など)を受入れる(だけでなく拠所とする)のならば、という意味でした。
「平和主義」に対する疑問でもあります。

この手の話題は反応がないことを覚悟の上で書いているので、コメント嬉しかったです。
遠慮なくどうぞです。
ヒラマツdot 2012.10.24 04:22 | 編集
ガイナックスっていう会社が、表現の自由という人権を守るために、最高裁まで戦った過去があるんだけど。
人権が嫌いな平松禎史さんに聞きます
電脳学園って規制されて当然の有害作品だったのかな?
電脳学園の自由や人権を脅かしたのかな?
当時のガイナックスの戦いは間違っていたのかな?

電脳学園
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%84%B3%E5%AD%A6%E5%9C%92#.E5.AE.AE.E5.B4.8E.E7.9C.8C.E6.9C.89.E5.AE.B3.E5.9B.B3.E6.9B.B8.E6.8C.87.E5.AE.9A.E8.A8.B4.E8.A8.9F

あのガイナックスに平松さんみたいな人がいるのはとても悲しいです。
ガイナックスが、自由を守るために絶望的な戦いを挑み、玉砕した姿に私は涙しました。
ガイナックス信者dot 2012.12.07 18:17 | 編集
私見ですが

望ましい公開形態というものがあってしかるべきとも思いますし、DVDや書籍もそうだと思います。
権利は無限に許されるものではありませんのでそこのところは履き違えてはいけないと考えます。

制作者は「おもしろいものが作りたい」
販売は「たくさん売りたい」
お客さんは「もっとスゴイものが見たい」
こんな風に考えるのは当然でしょう。
しかし、それぞれの要求(特に刺激の強い性的・暴力的なもの)を際限なく認めれば、意図しなかった別の人の権利を奪いかねなくなります。
被害(制作会社が訴えられるなど)が出てしまったらどうなるか?
結局、制作者側もお客さんも損をすることがあり得ます。
という事を想定すれば制作者側やお客さんの権利を守るためにも一定の規制は必要と考えます。

「電脳」の件は、その頃は部外者で詳細は知り得ませんが「ヘア」の描写が抵触したようで仕方なかったと思います。
さらに、表現としての問題の有無を深追いした場合、逆に表現に対する規制を呼び起こしかねない危険性もあったと思います。
「ヘア」を描くか描かないか…などバカバカしいとは思いますが、そこで留めないとさらに自分の首を絞める危険もゼロではありません。

権利の要求は、作り手・受けて双方にリスクの伴うトレード・オフの関係にあります。
一方だけを見てしまうと望むような結果は得られないでしょう。


際限ない権利要求を許せば、巡り巡って自分の権利が奪われることにつながります。

要するにモラル・道徳観の問題ですが、これは法律化できない類のものだと思います。
(そこまで決められたらそれこそ問題だ)
「人権」を疑問視する(好き嫌いの感情論ではありません)のは、これにこだわるあまりモラル・道徳観が置き忘れられる傾向に懸念を持つからです。
ヒラマツdot 2012.12.08 18:04 | 編集
南京大虐殺って嘘だったんですか!?
ここではじめて知りました!
できれば、詳しくお聞かせ願います!
dot 2013.02.27 17:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。