--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.09

上念司:「日本の危機管理は、ここが甘い」

Category: ひとりごと
経済評論家の上念司氏の新著
歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い 『まさか』というシナリオを読了。

おもしろ〜て、こわ〜〜い一冊でした。

安倍政権がスタートし、まずは経済再建。危機突破内閣で景気回復を!ということで新聞報道では悲喜こもごも(?)な経済関連のニュースがあふれている。
「TTP」は菅元首相がぶちあげて話題になりましたがその時「乗数効果」というのを初めて耳にして何ぞや?と思った人も多かったと思います。ボクもその一人。
去年の衆院選挙前から「日銀法改正」「名目GDP」「インフレターゲット・物価目標」「公共投資」…このような言葉がニュースに頻繁に登場し、スミス、ケインズ、クルーグマン、スティグリッツ、高橋是清など政治経済人の名がコラムやネット論壇に出てくるようになりました。

自民党の対抗政党は「構造改革」「規制緩和」「民間の活力を」「アジアの成長を」と小泉構造改革の頃から耳慣れた言葉を使って自民党の金融緩和と公共投資のパッケージを批判していました。

先の選挙では「経済」という生活に直結し個別論の基本となる大目的を自民党が強く打ち出したため、刺激的で争点になりやすい「反原発」「増税反対」「国防・安全保障の右傾化反対」が後退、これらの政策を第一に掲げた未来の党は惨敗、消滅の危機に陥りました。
維新、みんなの党は部分的ながら自民党と近く、全体像や対抗勢力として評価されたため議席を伸ばした。
「今回こそ絶対に選挙に行こう」そう決意して行動した多くの人が個別論に騙されなかった。
それが選挙結果に出たんだろうと考えてます。


「日本の危機管理は、ここが甘い」は更に踏み込んで、もっともらしい個別具体論や本当の目的を誤らせる「敵」の撹乱工作を見抜くマニュアルとして端的で解りやすくまとまった本だと思います。

”歴史から考える” とあるように主観による考えに偏らず歴史的事実から過去の世界の政治家がとった行動を分析し、そこに介在した陰謀、謀略を読み解いています。
フィクションと思われがちな「陰謀」。事実だった陰謀を「フィクション」であるかのように誤解させることもまた歴史的に行われてきた、そんな「敵」のテクニックも紹介されています。

印象的だった点を挙げますと「素朴理論」というものが紹介されています。
政治思想の素朴理論
・設計主義
・エリート無謬(むびゅう)
・農本主義

があります。
長谷川三千子さんの「民主主義とは何なのか」でもフランス革命で政治思想となった「設計主義」が解説されていました。
歴史伝統、神の存在までも否定しその時の人間が考えた将来設計が正しいとする思想。
エリートは間違えないという思考停止。
農本…つまり地道な努力が正しく、お金を稼ごうという経済論はみっともないものという印象操作。
これらが組み合わされ、目的を見誤らせるテクニックとなる危険性。

過去の政治を見て「なぜこうなった??」と思う裏にそのような謀略テクニックが隠されている。
歴史的事実を挙げながら、これからのボクらに正しい判断を促す、そんな本です。


筆者は経済学が専門。その筆者が政治について語るのは不自然ではありません。
ボクらの生活から経済〜政治はつながっています。
これを分断しあたかも「政治家は国民の敵」と思わせられてきた戦後日本人の心理も読んでいくと解れていきます。
政治も経済も高みにある他人事ではないのだ。
自分たちがどうにかするんだ。
そんな前向きな気持にもなります。


上念さんは1969年生まれだそうです。今年43歳かな?
漫画・アニメに親しんできた世代。
政治経済論にも遠慮なくアニメネタを繰り出すことでも知られています(笑)

どんな?と思われ方にはこの動画がオススメ。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のある場面をネタに「日本の危機管理は、ここが甘い」の要点を説明しています。

*上念さん、すみません「ヴンター」じゃなくて『ヴンダー(Wunder)』ですよーw

報道では、間違った情報が平気で流されてます。
エネルギー政策の一つである「原発」を最大化したり、尖閣や憲法問題を早くやれ!と煽る人たちも居ます。
これが結果として日本の、日本人の足を引っ張ることになりはしないか?
疲弊した経済を立て直し、個別政策にとりかかる体力を取り戻し、日本とは何か?日本人って何?という心の問題に注目する余裕を取り戻し、日本を取り戻していく。
長い道のりを乗り切る一歩を踏み出すことが今年の最大目標で、そのための景気回復なのだ。

「日本の危機管理は、ここが甘い」とともにバカとスパイ9:1の法則に乗ってしまったマスコミの大罪、告発の書 
三橋貴明・さかき漣「真冬の向日葵」もオススメです。


コメント
てか、朝日のスネークマンショーひどすぎますね~!
まともな会社じゃないですよ・・・
いろはにdot 2013.01.11 03:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。