--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03.21

「みんなで学ぼう!ネット選挙」

Category: 政治・社会
希望日本研究所が行なっているネット講座。
「みんなで学ぼう!」シリーズ。
最新の「みんなで学ぼう!ネット選挙」のご紹介。
再生リストになってるので下の動画から全話見れます。

解説は所長の倉山満さんと研究員 原田謙介さん。
倉山さんは前半は質問に答える回のみ。後半の第4期から連投しています。


ネット選挙…正確には「ネット選挙活動」で、インターネットで投票を行うネット投票とは違います。
ここは誤解なきように。

構成は
第1、2期「ネット選挙の要旨とメリット・デメリット」
第3期「選挙の仕組み」
第4期「日本の選挙の歴史」
第5期「世界の政治の仕組み」

知ってるようで知らないことが多くて目からうろこが落ちまくりでした。
また、選挙を知ることによって政治と国民の関係とは?という基本的なこともわかってきます。
ここが一番、誤解され実感されていない大事なポイントであろうと思います。


公職選挙法が施行された当時、もちろんインターネットはなく。
当時の法律から解釈してインターネットの活用は禁止されてきたわけですが、さすがに時代にも実態にもそぐわないですね。
インターネットが普及して20年ほど経つのに一向に活用されない好況が続いて来ましたが、実は15年前から検討はされていたようで、近年、検討が活発化しており、安倍政権では夏の参院選での解禁を目指しているようです。

この動画では前半数期分は文字通りネット選挙について。
後半は各国の政治の仕組みが解説されていて興味深い。

日本では帝国憲法下と日本国憲法化でどう変わったか、変わってないかを解説しています。

一番驚いたのは(部分的には本で知ってたけど)アメリカ大統領が(平時では)「世界最弱の大統領」だということ。

詳しくは動画で!


コメント
柳沼さんが掲示板に何か書いてますよ。
太郎dot 2013.03.23 13:55 | 編集
読みました。
概ね合ってますよ(笑)
ヒラマツdot 2013.03.24 05:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。