--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.16

彫刻の森美術館:ピカソ館

Category: お出かけ
picasso.jpg

箱根へ旅行してきました。
風が強かったんですが、天気が良く、気分も最高な旅になりました。
たぶん、これが今年最後の旅行・取材になるだろうと思います。
仕事に直接的な取材旅行と私的な旅行、会社の慰安旅行から単独行動で散策に出かけたものなどなど、今年は様々な土地を歩きました。
今年最後にこのピカソ館を訪れたのはなかなか重要な体験になった(なる)だろうと思ってます。

彫刻の森美術館は1969年開館した日本国内初の野外美術館。
ピカソ館は1984年に開館したそうです。
ボクが初めて行ったのはその数年後で20代の頃だったかな。
ピカソの絵や彫刻は写真で見たことはありましたが本物を見るのはその時が初めてでした。
ピカソといえば立体を分解し再構築した有名なキュビスム時代の作品など、パッと見「これは何?」と言いたくなるような作品群で、何が良いのか捉え難い印象が強いと思います。ボクも青の時代やバラ色の時代、晩年の母子像のような作品が感覚的に掴みやすかったものです。
しかし、本物から受ける印象は全く別物で、写真でしか知らなかった時の知識に偏った、あるいは「わかろう」とする見方を覆すもの。
それは「生きている」という強烈な感覚。感覚というより体感ですね。
この季節、道路に積もった落ち葉を集めるのに風を発生させる機械を使ってるのを見たことがあると思いますが、あれを真正面からブワッ!と吹きつけられたような感じと言ったら良いでしょうか?
「鳥肌が立つ」を超えていました。
キュビスムの作品であっても、牧神の顔が描かれたお皿であっても、パッと見でそれが何でどんな人のどんな表情なのか理解できなくても「来る」ものがあった。
描かれている形は写実と違っても、今にも動き出しそうな、声が聴こえるような感じだったのです。
見る人に何かを伝える時、表面的な写実性、リアルさというものは必ずしも必要じゃないんだな、と実感しました。(予感程度だったかもしれないが。)

当時はアニメーターになって数年で動画だったか原画になっていたか覚えていませんが、「生きている感じ」を描き、動かすためには、形にこだわる必要はないし「自分の絵」である必要すらない。
アニメーションの楽しさというのは(すべてとは言いませんが)絵柄的なところとは別なところにあるのだろう。
そんなことが観た後じわじわと来たのでした。

それから20数年経って箱根でピカソに再会しました。
一つひとつの作品から感じるものは今も変わらないのですが、今回はその膨大な作品の数に驚愕しました。
絵皿では一日に20枚にも及ぶ絵付けを行ったり、陶芸職人がポイっと放り投げた皿の欠片や粘土の塊をあっという間に作品に仕立てしまう。陶芸作品は数千にも及ぶそうだ。
一枚の版画に18回も修正を加えたジャクリーヌの肖像は解説にもあるように18段階のすべてが独立した作品のように見えました。
このように感性だけで次々作り出せたように見える作品群は、少年時代からのアカデミックな積み重ねがあってのことでしょう。
いきなりキュビスムの作品が生まれたわけでもなく、いきなり自由闊達な陶芸、彫刻作品が生まれたわけではなく、それぞれの基本的な特性をよく知った上での「自由」なのだ。
知らないで勝手なことをやることは自由とは言わないし、すぐに行き詰まる。
小さな積み重ねがあって初めて自由自在に膨大な作品を生み出せたのだろうと思う。

アニメーターは数をこなすことと質の高い仕事をすることの両立に苦労します。
自分がやりたいことと作品や演出が要求することの違いに苦しむこともあります。
両立できている先輩を見ていきなりそこへ行こうとする。個性的な作風を真似してみたりする。
しかし、積み重ねのない真似事は早晩行き詰まってしまうのです。

思いつくまま乱造してるかのように見える作品群が、それ以前の膨大な経験値に支えられ、経験の中で感性をすり減らさず(ルーティンワークに堕さず)、常に新鮮に保ってこれたことに驚愕しました。
自分が好きなものだけにこだわらず、好き嫌いであらかじめ選んだりせず、見逃してしまうような小さなことも見逃さず、素直に物事を受け取って吸収し作品に昇華できた。見る者には理屈ではない言葉に出来ないような感覚を想起させる…。
簡単そうで、極めて難しいことです。
これは20年以上商業アニメをやってきて痛感できたことかもしれません。

そして、上手く描こう、誰かに気に入られようとして描き惜しむ暇があったら手を動かせ!もっと描け!
他人や状況のせいにするな!と言われているような気分にもなりました。
ありがたい叱咤激励に、ピカソ館を出てからもしばらくは寒さを忘れることができました。


来年は原点に帰ってアニメーションやイラストや様々な表現分野で手を動かしていきたい。
まだ、耄碌するには早すぎますからね。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。