--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
06.04

個人的な夜へ

Category: 音楽
会社で仕事を終え、表参道FABの
air codeツヨシ&ヒロタカがトリをとるライブへ。

アコースティックギター2本。
いつものバンド形態ではない素に近い姿を見る。

終了後飲んでてこういう形とバンドとは何が違うのか問えば、絵描きとしても
「あ、そういうことか」と腑に落ちるポイントがあるのがおもしろい。
単純に比較できないけど、サイトやお絵掲で描くのと色んな人と一緒に作る仕事の違い?
言葉と実行の違いみたいな。
自分の言葉を忘れないようにボクは落書きやサイトの絵を描きます。
一枚絵のイラストは一番自分の言葉に近いかも。
でも、みんなで作品を作る面白さにはやっぱりかなわない。

縛りも責任もなく作れる環境とその反対の環境。
どっちが相応しいとも言えないけど
良いプレッシャーの中で作られるモノには換えがたい喜びがあるよね、ていうこと。
色んな人の思惑が絡み合って出来るモノ。
そこには個人の作業ではなし得ない強さがある。んじゃないか?
だからオレはバンドをやり。
だからオレはアニメをやってる。

一方で、自分の言葉で勝負してる人もいる!

聴く人観る人の反応がどうなのか?
それ以前にどれだけ好きか。大好きか。

大事なのは、「何か」を発する力なのか。
…何を?それはどうして?…
理屈はどうでも良いじゃないか。
初めて感じた気持ちを大事にしたい。


今日は若い人の色んな気持ちを聞く日だった。
とても個人的でおもしろい夜だった。

「何か」を形にするために、構えて留まってないで一歩でも進みたい。







トラックバックURL
http://tempo01.blog76.fc2.com/tb.php/75-b19f4e15
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。